30代 発達障害 崖っぷち

自分の経験から感じたこと、憶測を記録していきます。発達障害以外のことも多く書いています。韓流文化が好きな発達障害。

三匹のおっさん

以前、自分はミステリー小説が好きだと言った。少しジャンルが違うかもしれないが、「三匹のおっさん」もおススメの作品である。 定年退職した主人公のおじいさんが幼馴染3人で警察が中々関与できない犯罪を解決していくストーリーである。犯罪の種類は万引…

ホームレス中学生

昨日から「ホームレス中学生」という本を読んでいる。この本は麒麟というお笑いコンビの田村裕が出版した学生時代の自伝である。当時、中学生だった著者が学生時代、父親がリストラになって家族がバラバラになってしまう。しばらくは頼れる身よりもなく、し…

カレー

カレーはたまに無性に食べたくなる時がある。特に、ミステリードラマやアニメを見た時に無意識に食べたくなる。トリックに使われていたり、家庭のシーンで出てきたりするからだろう。 他の人がカレーを食べていると、自分も食べたくなってしまう。人間の脳に…

Tacos

自分はタコスが大好きである。特にタコベルなどのアメリカンなタコスが好きである。人生で初めてタコスを食べたのは、高1の時にアメリカに行ったときである。ホストファミリーと一緒にタコベルに行ってブリトーを食べた時、衝撃を受けた。本来ならブリトー一…

コバンザメ

コバンザメはご存じだろうか。 コバンザメとは、サメとは言われていなく、サメの仲間ではなくスズキの仲間らしい。コバンザメはよくエイなど自分よりも大きくて力のある生き物の下に身を隠して生きている。よく世間では、勢力の強い者の下に身を守りながら自…

利き手とは逆の手を使用するメリット

自分は右利きなのだが、今後は左手でマウスの操作を使用していくようにする。 以前、知り合いで右利きなのにもかかわらず、左手で操作していた人がいて、聞いてみたら、脳の活性化につながるからだと言っていた。 脳科学者の茂木健一郎さん曰く、右手を使用…

生きていく上では底辺を知ることが大事

今まで生きていて自分は地に足の着いた考え方をしていないことが分かった。今まで、学生時代は理想を描いていた。起業家や飲食店の店長。就職しても会社の部長など夢を見ていたが、最近はなれないことに気付いた。 よく自己啓発本には成功の秘訣などが書かれ…

カラオケで分かる障害特性

GWに前の会社の先輩たちと飲んだ後、カラオケに行った。 カラオケに行った際、自分は大瀧詠一や光GENJI、中森明菜、少年隊など昔の曲を歌った。その際、自分は思いっきり音程を外していると先輩から指摘を受けた。そもそも、自分の地声は低いのにもかかわら…

週刊新潮

最近は週刊新潮を読んでいる。新聞よりも正直生活に役立つ知識が豊富だからである。 社会情勢問題や老人ホームの問題、健康的な役立つ知識などが豊富である。自分は今まで核兵器問題や科学技術の問題など白黒はっきり付けられない問題について考えていたが、…

データ入力は5回チェックする

今までデータ入力はトリプルチェックしていた。そのくらいやらないと、どこかしらケアレスミスするからである。しかし、トリプルチェックをしてもミスはなくならないので、5回チェックするようにした。 非効率に思えるかもしれないし、ここまでやらなければ…

恐山~死生観について考えてみませんか~

死生観について考えてみたことはあるだろうか。 あらゆる生物の最後は死であり、人は死ぬために生きているというのも過言ではない。世の中の科学技術などが発展していくのは、死の恐怖が人間の本能的にあるからだろう。 コロナが明けたら、自分は恐山に行っ…

Nano Blockから学ぶこと

この前、春日部に行ってクレヨンしんちゃんのナノブロックを購入した。説明書通りに組み立てていくのだが、これがまた難しい。 大体の工作の説明書は絵が書いてあって、画像でどういう風に組み立てていくかを読み取るように出来ている。具体的に文字で一つ一…

自分が英検一級を目指す理由

自分は英検一級を目指している。本当は30歳までに取ろうとしていたが、勉強をやったりやらなかったりで現在に至っている。とても意志が弱いので継続力がない。 英検一級を取るメリットはyoutubeで多くの人が伝えているが、たいていの場合、映画や英字新聞、…

仕事の本質はくだらないもの

仕事の本質は言葉が悪いが、くだらないものだと知った。この世に溢れているのは、形だけのものだったり、不要なものが多い。 例えば、お酒。アルコール飲料はそもそも、現実逃避をするために作られたもので、その飲み物が様々なフレバーを出して嗜好品になっ…

作業指示が出た時はゴールを考える

作業指示が出た時は、作業のゴールを知ることが大事だと分かった。 自分が作業指示が理解できない時、最終的にどういう形になっていればいいのか理解していないことが多い。そのため、指示者との齟齬が発生する。 最終的にどういう形になっていれば分からな…

ドラゴン桜

前職を入社する前にドラゴン桜を漫画で購入して読んでいた。中学生の頃、最初にドラマ化した原作の漫画であり、その当時、長澤まさみが大好きで彼女関連のドラマや映画を見たものである。 ドラゴン桜のコンセプトは「勉強をしなければ世の中に騙されていく」…

温故知新

週刊誌などを読んでみると江戸時代のことがよく書かれたりしている。特に印象に残ったのは白米のとぎ汁を洗顔や靴磨きに再利用していたことである。昔は白米は高級食品で江戸などの人達しか食べていなく、お米も現代より荒く削られていたから再利用できたと…

ミセン②

以前からミセンというドラマを見ていて、この前に20話見終わった。このドラマを見て分かったことは、会社は論理だけでは動かないということである。 契約社員で会社に入社したグレは、正社員の人達よりも仕事で成果を出すようになったが、努力だけでは報われ…

Yoga

一昨日、ヨガを事業所で行った。その結果、昨日の午後から下痢や倦怠感に悩まされている。最初は以前と同じく、自律神経の病気になってしまったかと思っていたが、後々考えてみたらヨガが原因だということに気付いた。 ネットで見てみるとヨガは普段あまり使…

洋服から英単語・地名を覚える

お金が許す限りでいいので、洋服から英単語や地名を覚えるのも工夫策の一つである。古着屋に行くとアメリカの洋服がたくさんあって、アメリカの地名が書かれているパーカーやTシャツがたくさんある。その洋服を見ているだけでも視野が広がるので、おススメで…

期限は一年以内

自分の場合、一年以内に読まなかった本、着なかった服は売却したり、廃棄したりしている。また、一年以内に会わなかった人も縁が切れてきたものだと判断している。 期限を決めて動いた方が整理整頓にもつながるので、自分の場合は一年を期限としている。一年…

障害者雇用はなぜ基本、契約社員なのか

障害者雇用は基本契約社員で雇っている。これは想像付くことかもしれないが、会社都合でこのシステムにしていることが多い。 これは大きな理由は自分の経験上であるが、会社が「採用ミスをした時にすぐに対象者を退職させる」ためである。特に発達障害などの…

二酸化炭素から学ぶこと

新聞を読んでいると各企業はSDGsに取り組んでいる。環境問題では食べ物を燃料にしたり、廃棄物をどう再利用したりしているかを考えている。 一番興味深かったのは二酸化炭素の再利用である。二酸化炭素は元々悪いものではないので、上手く燃料につなげればプ…

自分の課題:会社の仕組みを知ること

自分の今後の課題は「会社の仕組みを勉強する」ことである。 昔、最初に入った会社の上司から、新卒の自分に給料もらっている以上は給料以上の仕事をするように言われた。その時の自分からしたらプレッシャーをかけないで欲しいと思っていたが、理論上これは…

国で例えてみる会社とは何か

会社は国の動きと同じだと思った。経済大国といわれている国は、臭いものにふたをしたり、白黒はっきり付けられない問題を白か黒にしたりして、国の利益を上げている。誰もが平等な社会というのは結局幻想だということが分かった。 これは会社においても同じ…

受給者証の発行完了

今週、受給者証が届いたので、毎日事業所に通所することになった。 今までずっと家にいる時間が多かったので、生活リズムを整えるのが大変だったが、無理なく通所ができそうである。 最初通所した時は、ミスをしてはいけないという過度の緊張の為、体調を崩…

会社の上司は神様ではない

当たり前の話になるが、上司は神様ではないことが分かった。上司も一人の人間なので、判断を間違えるし、自分の未来を保証してくれるわけではない。 自分の場合、他人に依存していたことに気付いた。上司が言ってから大丈夫だということに過度に信じていたと…

簡単に視聴できるのは幸せか

最近は無料や少額で視聴できるツールが増えた。無料オンラインプラットフォームを初めドラマ映画配信サイトなどレンタルショップに行かなくても簡単に家で視聴できる時代になった。自分の学生の頃は、音楽を聴くのにもお金がかかって、頑張ってお小遣いを貯…

人間の脳はアナログ向け

ある本に書いてあったことがあった。それは「人間の脳はアナログになればなるほど対応する」ように作られていることである。 「ネット<紙媒体<人」のように作られていると言われている。そのため、自分はなるべくアナログのものに頼っている。例えば、新聞…

誤字脱字のチェックの仕方

事務補助の仕事をする際、誤字脱字をチェックする業務がある。 今まではこの仕事が大の苦手であった。文字の見間違いをたくさんしてしまうのと、目から入ってくる情報の処理が遅いからである。今まではミスしやすい傾向を分析して作業を行っていたが、業務の…